楽天でんわ

2015年02月27日

医療費節約

ちょっと連投になりますが
今回は前回の終わりに書いた医療費の節約についてです。

私には現金的な財産は皆無で
親とか含めて親類関係から何かをあてにはできません。

で、唯一の私の財産と言えば、健康で
病院に行かない事です。

健康を維持するためには
多少の出費はおしみません。


実は昨年の秋、数年ぶりに病院にかかりました。

かかったのは眼科で
あまりにも目がかすみすぎて
市販の目薬ではラチがあかず受診しました。

で、目薬がとてもよく効いてくれたので良かったんですが
この治療に私自身が支払った金額は1万円弱。。。


つくづく病院にかかるのが恐ろしくなった出来事でした。

こんな風に病院にかかるととんでもない出費になるので
病院にはなるべくかからないように
いろんなサプリを飲んだり
食事にはかなり気を使っています。

一応、目のサプリも飲んでいて
ずっとそのサプリで効いてたんですが
頻繁な夜更かしが過ぎたせいか、目がかすんでしまったようです。

健康管理には生活習慣も大切ですね(ーー;)


娘が18歳になるまでは東京都の母子家庭援助で
医療費がかかってなかったんですよ。

でも18歳になるとその制度は終わるので
久しぶりに病院で出費があって
かなりお財布にも精神的にもショックでした。



で、こんな風に気をつければ大丈夫な病気はいいんですが
娘は精神疾患を患っているので
その病気に関しては
医療費の負担が軽減される
「自立支援医療費制度」
とゆうのを利用しています。

これがあると、その精神疾患だけは
医療費がかかりません。

うちの娘の場合は障害者認定をしてもらっているので
所得税とかの税金控除対象にもなってて
けっこうお得です。

精神疾患は長期治療になるので
通院しているかたは
この制度は利用したほうがいいですよ。


場合によっては障害者申請するのもいいと思います。

娘のは3級で
補助金とかはありませんが
税制での優遇があるのが、節約的にはメリットです。

ただ障害認定は特定疾患だけなので
その特定疾患じゃないと受けられないです。


うちは東京23区内なので
病院代も薬代も
自立支援医療費制度で無料ですが
地方自治体によっては多少負担がある地域もあるみたいです。

詳しくはお住まいの市区町村の役所に
問い合わせてみてください。



ちょっと長くなったので
また次回に続きます。



posted by レシピっち at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。